お守りを複数持つのは大丈夫?神さまはケンカしないの?

趣味(グルメ・旅行など)

昭和の時代はお守りは複数持たないのは当たり前でした。

最近では「お守り 神さま ケンカ」と検索すると、神さまはケンカしないと出てきます。

本当でしょうか?

日本には神さまが多い

世界にはたくさんの宗教があります。唯一神の宗教もありますし、多神な宗教もあります。

旧暦10月には日本全国の神さまが出雲大社にあつまり、ミーティングを行います。日本全国から神さまがいなくなるので、神無月(かんなづき)と呼ばれています。出雲(島根県)では逆に神さまが集まるので、神在月(かみありづき)とも呼ばれているそうです。

旧暦の10月

太陰暦=陰暦のことです。月の満ち欠けでの暦となります。

現在は太陽暦です。

旧暦の10月は現在の暦では10月下旬~12月上旬頃になります。

毎年時期は多少ズレます。

日本の神さまは他宗教の神さまにも寛容?

クリスマス(キリスト教)を祝い、除夜の鐘を突きにお寺(仏教)に行き、初詣で神社(神道)に行く国なので、日本の神さまは他宗教の神さまにも寛容?な様子です。

多神教の神さま達は性格もさまざま

ギリシア神話の神さま達が有名ですが、ケンカしますし浮気しますし嫉妬もします。

日本の神さまも神話の中ではケンカします。

姉弟神のアマテラススサノオはケンカの末に、弟スサノオを追放します。

皮算用
皮算用

追放ってよっぽどじゃない?

ちなみに、アマテラス(天照大神)はあちこちの神社で主祭神としてまつられています。最も有名なのは伊勢神宮でしょうか。

スサノオ(須佐之男命)も主祭神として各地の神社で主祭神としてまつられています。八坂神社が有名ですね。

お守りは心がけ次第

「複数のお守りを持っていても心がけ次第で大丈夫ですよ」

なんて言われますが、心がけ悪かったらどうなるんでしょうか?

皮算用
皮算用

そもそも心がけって、何?

平等にお礼すること?

経済的な観点から見たら

昭和の時代はお守りは複数持たないのは当たり前でした。

「神さまはケンカしないからお守り複数持っても大丈夫ですよ」

なんて言われると、安心して2つめ3つめ購入してしまいますよね。

 

「神さまがケンカするから、お守りは1人1つです」

よりかはお守りがよく売れます。

時代によって変わるのかも

おばあちゃん
おばあちゃん

神さまがケンカするからお守りは1つね。

なんてかつては言われましたが、時代時代で変わっていくのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました