【裏技】金沢市・近江町市場の楽しみ方

人生を彩る趣味たち

近江町市場、楽しいです。一般の観光客が知らない楽しみ方を紹介します。

近江町市場の地下・近江町いちば館地下

近江町市場の地下に近江町いちば館地下があります。いわゆるショッピングモールです。

金沢市民の皆さんが日常で買い物に利用するお店になります。

つまり、観光地価格でないんです!

良心的なお値段

近江町市場内では香箱ガニ(ズワイガニ・メス)が1,500円~販売しています。重さによって値段が変わります。

「そんなに大きくなくて良いよ」な場合は、地下の近江町いちば館地下で安く入手できるかもしれません。

ちなみに、干物の取り扱いのあるお店もあります。

干物を焼いてくれる

のどぐろの干物を焼いてもらいました。

上手に焼いてくれて、皮がパリパリでおいしく頭まで食べられました。

フードコートがある!

近江町いちば館地下にはフードコートがあります。

全席カウンターです。30席ほどあります。

近江町市場のカニ屋さんで、「お店でカニをさばいて、地下のフードコートで食べるお客さんもいますよ」と言っていたのですが、ここのフードコートでカニを食べるのはなかなか根性が要りそうです(^^;)

カニはニオイがしますので。

近江町市場のウニ

近江町市場でウニを食べました。おいしかったです!

「ウニおいしいです(T_T)ウニをこんなにさばくの大変ですね」

そうたずねたところ、こう返事されました。

「板ウニ乗せてるだけなので、そんなに大変じゃないですよ(^_^)」

 

((((゜д゜;))))

そっか。そうだよね。ウニ1つにこんなに身は入ってないよね(^^;)

 

近江町市場では【板ウニ】や【塩水ウニ】が2,000円~販売されています。これを購入して、地下のフードコートで食べるのがコストパフォーマンスが良いです。

近江町市場良いとこ1度はおいで

地下のフードコートを利用すると安く楽しめますが、1度は普通に市場を楽しむべきです(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました