アニメ映画化された、原作がおすすめの4作品

人生を彩る趣味たち

映画好き皮算用です。最も最近の映画は見れていませんが(-_-;)

「温故知新」昔の人は良いこと言いました。古い作品は埋もれていくので、見たこと無い若者に手に取って欲しいと思っています。

20世紀の作品にも素晴らしいものはたくさんあります。

原作があるなら原作から入る

たいていは原作があるなら、原作の方が面白く、内容も濃いものとなっています。

原作を超えた映画は【オペラ座の怪人2004年作】です。まだ見ていなければ、是非見てください。150分で見終わります。

【オペラ座の怪人】は2004年の映画が良い
選べるならば原作を見ます(原作中毒?)。ただ、オペラ座の怪人だけは動画を勧めます。オペラ座の怪人はフィギュアスケート史上初めて解禁された「歌ありの楽曲」で2人のスケーターに選ばれました。1人は羽生結弦選手でした。オペラ

2時間で終わる所が、映画を好きな理由の1つです。

アニメ映画化された20世紀のおすすめ原作4選

アニメ映画化された作品です。原作はマンガ・小説です。

おすすめ順です。

  1. AKIRA
  2. 風の谷のナウシカ
  3. 魔女の宅急便
  4. ハウルの動く城

ジブリ率が高いです。笑

AKIRA

作者:大友克洋

 

日本アニメが世界に広がるきっかけとなったアニメ映画です。

1988年公開です。

原作は同じタイトルのマンガです。

1982~1990年の作品ですが、2020年の東京オリンピック開催がテーマになっています。

当時の段階では2020年のオリンピック開催都市が東京とは決まっていませんでしたが、全世界の【AKIRA】ファンが2020年の東京オリンピック開催を望んだのではないかと推測します。

それ位、海外でもファンの多いコミックです。

風の谷のナウシカ

作者:宮崎駿

 

【風の谷のナウシカ】はジブリ映画ファンの中でも、おそらく1番人気です。

メーヴェを飛ばそうと研究している方々もいます。知らないあなたはナウシカファンを名乗ってはいけない!

「オープンスカイプロジェクトWikipedia」へ

皮算用は映画【風の谷のナウシカ】はあまり好きではありませんでした。

皮算用
皮算用

意味が分からな過ぎて!

しかし、マンガ【風の谷のナウシカ】を読んで納得できました。

「2時間にまとめるのは無理だろう」と。

ナウシカは奥が深いです。

2時間の映画で納得していた人はモグリです。【風の谷のナウシカ】を何ら分かっていない!

是非原作のマンガ【風の谷のナウシカ】を読んでください。

魔女の宅急便

作者:角野栄子

 

ジブリファンはナウシカ派と魔女宅派に2分されると言っても過言ではありません。

魔女の宅急便には原作小説があります。

キキやトンボがどんどん成長していきます。

大学生時代の話や大人になってからの話もあります。

魔女の宅急便ファンには是非読んでもらいたい小説です。

ハウルの動く城

作者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

 

ハウルの動く城がジブリ映画化されました。3作読んでから映画を観ました。

【風の谷のナウシカ】と同じです。

「2時間にまとめるのは無理だろう」と。

ジブリ映画【ハウルの動く城】は十分楽しめる作品ですが、原作はさらに面白いです。

ジブリ映画【ハウルの動く城】好きには是非読んでもらいたい小説です。

ちなみに、【ハウルの動く城】は3部作ですが、【魔法使いハウルシリーズ】が10作品(完結)あります。

ハウルは魅力的なキャラクターです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました