【加給年金】サラリーマンを続けるメリット

年金

「払った年金分モトを取ってから死ぬ」と決めている皮算用です。

先日年金を調べていて興味深いことを発見しました。【加給年金】ってご存じですか?条件に当てはまり、届出を行うことで老齢年金が増額されるそうです。

老齢年金の加給年金について

厚生年金加入期間が20年以上ある場合限定です。

やはり厚生年金=2号被保険者は強いです。

世帯の生計を維持していた人物が65歳の老齢年金受給開始の時に、配偶者が65歳未満または子どもが18歳(を過ぎた3/31まで・いわゆる高校生期間)であるならば、老齢年金が増額されます。

 

対象者加給年金額年齢制限
配偶者224,300円※65歳未満であること
(大正15年4月1日以前に生まれた配偶者には年齢制限はありません)
1人目・2人目の子各224,300円18歳到達年度の末日までの間の子
または1級・2級の障害の状態にある20歳未満の子
3人目以降の子各 74,800円18歳到達年度の末日までの間の子
または1級・2級の障害の状態にある20歳未満の子

※老齢厚生年金を受けている方の生年月日に応じて、配偶者の加給年金額に33,100円~165,500円が特別加算されます。

■ 配偶者加給年金額の特別加算額
受給権者の生年月日特別加算額加給年金額の合計額
昭和9年4月2日~昭和15年4月1日33,100円257,400円
昭和15年4月2日~昭和16年4月1日66,200円290,500円
昭和16年4月2日~昭和17年4月1日99,300円323,600円
昭和17年4月2日~昭和18年4月1日132,300円356,600円
昭和18年4月2日以後165,500円389,800円

【ご注意】
配偶者が老齢厚生年金(被保険者期間が20年以上または共済組合等の加入期間を除いた期間が40歳(女性の場合は35歳)以降15年以上の場合に限る)、退職共済年金(組合員期間20年以上)または障害年金を受けられる間は、配偶者加給年金額は支給停止されます。

日本年金機構ホームページより抜粋

ただし、届出が必要です。

まだ老齢年金受給開始な年齢ではないですが、こんなこと知りませんでした!

皮算用は2号被保険者の期間は20年間もありませんし、30代でセミリタイアして現在3号被保険者になっています。現在皮算用家の【世帯の生計を維持】しているのは夫なので、ぜひ夫には20年間はサラリーマンをがんばってもらおうと思います。

老齢年金に加算があるのはとても喜ばしいことです♪

通行人

鬼嫁!?

セミリタイア1年目の感想
リタイアしたら暇だと思うでしょ?本当に暇ですよ(゚-゚)

実は姉さん女房なので、皮算用家にはこの加給年金の【夫が年金受給開始時点で妻65歳未満】には該当しませんが、後30年もしたら制度が変わるかもしれません。様々な可能性があるので、やはり夫にはサラリーマンを20年以上は続けてもらおうと思います。

通行人

やっぱ鬼嫁や!

老齢年金の振替加算について

老齢年金の加給年金を受けていた場合、配偶者が65歳の老齢年金受給開始となると加給年金が打ち切られます。

かわりに一定の基準により、配偶者の老齢年金に振替加算としてプラスされます。

振替加算の例

夫と妻共に特別支給の老齢厚生年金(老齢満了)受給の説明図

日本年金機構ホームページより抜粋

皮算用
皮算用

!?えっ?ずるくない?

そう思い、調べてみましたが、該当する配偶者の生年月日が【昭和41年4月2日以降】であるならば、振替加算額は0でした。

皮算用
皮算用

やっぱり高齢者優遇やな。

該当するならば、是非手続きし、届出を行うべきです。

詳しくは日本年金機構ホームページへ。

FIREも流行っているけれど

Financial Independence Retire Early(経済的に自立した早期リタイア)の頭文字を取ってFIREムーブメントが流行っています。【2018年】

サラリーマン(厚生年金加入)を続けるメリットは大いにあります。

リタイア前には色々調べるべきです。

【リタイア前にやること】3種の年金額を試算しました
霞を食べて生きる仙人のようなリタイア生活には興味ありません。現役並に稼いで遊んで過ごすと決めてセミリタイアしました!

厚生年金加入で毎日の労働時間が5時間程度で年収300万円なんて働き方があれば、選ぶ人は多そうです。

皮算用
皮算用

企業努力を望みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました