Google AdSense 申請について【2018年】

WordPressでブログを始めてみて

2019年現在、ブログ3つを運用中の皮算用です。

 

2018年にGoogle AdSenseに申請しました。

ブログ記事も30を超えて、40記事近くになりました。1日10PV位だけど、AdSenseに申請し無事1発OKでした(‘◇’)ゞ

やはり機械オンチのため記録を残しておきます。

無事、ブログを開設しレンタルサーバーも契約しました。いよいよ収益化の為の第1歩。Google AdSenseです。

スマホのみでWordPressでブログ始めました
人生初ブログをワードプレスで始めました。スマホのみで250記事は書きました!
Xdomeinの無料レンタルサーバーから有料レンタルサーバーへ引っ越し
Xdomeinの「無料レンタルサーバー」からXSERVERに引っ越しを行いました。スムーズには引っ越せなかったので、記録を残しておきます。

「2016年~Google AdSenseの審査が厳しくなり、通りにくくなった」なんて言われているみたいで、色々調べましたよ(*´д`*)

Google AdSenseの申請に必須らしいもの

  • 独自ドメイン
  • 30記事以上(1記事1000文字~)
  • 問い合わせフォーム
  • プライバシーポリシー

Google AdSenseに申請しようとするからには他でも調べていると思いますが、独自ドメインが必須だそうです。

無料で独自ドメイン取得もできるそうですが、有料できちんと契約すると【WHOIS】設定ができるそうです。

【WHOIS】設定はドメインからブログ主を検索しても、ドメイン発行業者しか分からないという代物らしいです。

無料ドメイン発行だと、こんなサービスないよね?

当ブログ【3号投資日記】は申請時点で39記事、平均1,000文字数。600~1,800字でした。

 

2019年7月にも、もう1ブログのAdSense申請が通りました。こちらは16記事程度です(8記事時点では落ちました)。

 

 

記事を書くのはリライトも行えるので問題は【問い合わせフォーム】と【プライバシーポリシー】の2つです。

問い合わせフォームは、プラグインで作成しました。Contact Form 7です。

プライバシーポリシーは、調べると、「コピペOK」の物を皆さん公開してくれていたので、ありがたくコピペさせてもらいました(^-^)

「フッターに表示するといいよ」とのことで、メニューの下の方に入れました。

GoogleAdSenseの申請時でダメなこと

リンクを張るとダメらしいので内部リンクも張っていません。

写真を貼るのは大丈夫らしいので貼っていました。

もちろん、広告リンクもダメでしょう。

 

 

1度申請して落ちた場合、直ぐに申請しても通らないそうです。

「期間を開けなさい」とありました。最短でどれ位の期間なんだろう・・・。

Google AdSenseに申請

URLの登録とメールアドレスの登録、支払いの為の住所・電話番号の入力フォームがあります。

入力していくと、こんな画面が出ます。

何やら、「コピーして、貼り付けよ」と。

<head>とか書いてあります。 WordPressでブログを始めたのは、2018年4月13日~です。

ホントは4月1日開設で準備していたんですけど、All In One SEOの設定で、??となりリセットを2回行ったんです。

phpも触って、リセットもしたっけ(゚-゚)

 

 

とにかく私にはphpは鬼門です。

現在まだAll In One SEOはプラグイン入れていません。

調べてみたらやはりphpを触るらしいです。

皮算用
皮算用

やりますよ(;´д⊂)

まずはコピーします。

自分のサイトのダッシュボードで作業

phpをいじると、ブログが吹っ飛んだりするので、バックアップは取ってから行いましょう。

ダッシュボード→外観→テーマの編集です。

途中、この操作をする事の意味分かってますか?(本気ですか?)とか表示が出ますが、やるしかないんでしょ(T_T)

皮算用
皮算用

やりますよ(;´д⊂)

<head>タグと</head>タグの間に貼り付けよ。とのことなので、<head>で改行して、そこに貼り付けました。

多分これで良いはず。

ブログは普通に見えているし、投稿等もできるし、大丈夫そうです。

さて、審査待ちです。

 

と、ここまでが2018年6月4日の話しです。

「通常1~2日で審査結果をお知らせします。」とのことです。

来ました!合格通知!!

 

6月5日午後にメールが届いたので、思っていたよりも早かったです(^-^)

登録してあるメールアドレスに合格していれば、これが届きます。

実際に広告を貼ろう

そりゃあ広告貼りたいですよね。

楽しみながらブログやってますが、好きなことして利益が出るって最高だと思います。

もちろん調べましたよ。機械オンチの味方・プラグインです!←他力本願

AdSense Plugin WP QUADSを利用

インストールして、有効化します。そして設定します。

先ずはGENERAL 3つ目のみチェック。「記事の一番下に広告入れますよ」ってヤツ。

続いて、AdSenseCODEを貼り付けます。

Ad1~Ad3をそれぞれ記事上・記事中・記事下と区別して、設定します。

あんまり広告が多いとくどいかなと思います。

最大で1記事内に10個広告出せる様なので、お好みでどうぞ。

Ad1の設定から

ここでまさかの、GoogleAdSenseにログインです。

GoogleAdSenseログインしてする事

GoogleAdSenseアプリもありますが、広告の設定はPC版じゃないと無理そうだったのでPC版にスマホからログインします。

【新しい広告ユニット】なるものも作成するようです。

先ほどの記事内広告数の数だけ、ユニットを作成しましょう。

皮算用はAd1~Ad3用に、「記事上」「記事中」「記事下」と名前を付けました。

「記事上」を作るよ。

記事上用の広告コードをコピーしたら、自分のブログに戻ります。

プラグインWP QUADSで設定の続き

Ad1の設定途中だったんです。覚えてます?

 

コピーした「記事上」用コードをAd1に貼り付けます。

これをAd2、Ad3と繰り返します。

広告10個乗せたい人は、10回繰り返します。

広告の貼り方

こんな風に使用するそうです。

因みに「記事上」と「記事中」は、広告入れるタイミングは、自分で考えた方が良いから、自分でコード入れましょうとなっています。

ここも、「何でもいいねん」って場合は自動で入れる設定ができます。

皮算用の広告セッティング

3000文字未満の記事には、記事ラストのみアドセンス広告入れています。

3000文字以上の記事には、上・中・ラストの3箇所にアドセンス広告入れています。

【2018年9月追記】広告変更しました

ブログコンサルタントの方にちょっとアドバイスをもらいました!

アドセンス広告だけでなく、アフィリエイトの方が向いてるかもとのことで、おすすめ商品もブログ内で紹介することとしました。

楽天・Amazon・Yahoo!などは個別で登録するよりも、もしもアフィリエイトでまとめて申し込む方が良いと思います(ASP会社の振込最低額をなかなか超さないでしょうし)。

 

また、広告を貼るのが楽と評判なテーマ、Cocoonに変更しました!

ワードプレスのテーマGodios.からCocoonに変えました
WordPressのテーマをCocoonに変更しました。AdSenseのコード貼りが楽ちんだったからです。

【利用しているASP会社・サーバー一覧】 A8.netもしもアフィリエイトアクセストレードバリューコマース

コメント

タイトルとURLをコピーしました