ルンバとブラーバ両方試して選んだのはどっち?

そうじ片づけ

結婚してすぐにルンバを購入し、8年使ってきました。

ルンバ+ブラーバの2台を利用していましたが、2台をメンテナンスするのが手間だったので1台にしました。

ルンバ手放しました。

ルンバはうるさい

iRobot社製の自動お掃除ロボットです。細かいほこりも吸ってくれるので良かったです。

購入したのは2009年位でした。

当時は機種が3つありました。購入したのは5万円程の中位機種でした。

  • スタートボタンを押さないと動かない。
  • 自分で充電ステーションまで戻ってきて充電できる。

そんなルンバでした。

 

ルンバを走らせるために床に物を置かなくなり、家はスッキリしました。

ルンバをやめたのは、掃除中の音がうるさかったからです。60~70デシベル以上の騒音がします。騒がしい街中位のレベルです。テレビの音が全く聞こえません。

中位機種でなく上位機種にしておけば、予約モードで留守中に稼働させられたので、ルンバライフが続いていたと思います。

最近のルンバはアプリでいつでもスタートさせることができるので、より便利になりました。

スタートボタンを押さないと動かない中位機種でしたが、朝の出勤時に押せば良かったのにと言われそうです。

通勤に時間がかかるので、朝7時に家を出ていました。朝7時から掃除機かけるのは近所迷惑かなと思い、ルンバは帰宅後や週末に使用していました。

2009年~2018年まで使用しましたが、途中でバッテリー交換を行いました。多分使用後5年程度での交換でした。

ルンバのここがちょっと

ルンバのゴミ捨てが少し手間に感じました。

フィルターを掃除するために掃除機が必要なので、掃除機をルンバ1台のみとすることはできませんでした。

フィルター掃除のために掃除機を出すのが面倒くさく、ゴミ箱の上でフィルターを叩いてほこりを落とすだけになりました。フィルターが目詰まりしていて、音が大きかったのかもしれません。

ルンバのタイヤ付近にほこりが付くことが多かったです。細かい所のほこりを取るために、つまようじで作業していました。

ブラーバはうるさくない

ルンバと同じiRobot社製の自動ふき掃除ロボットです。掃除機ではないので、ゴミを吸いません。

扉の溝とかはゴミがとれません。

から拭きと水拭きの2つの方法でふき掃除ができます。

 

ルンバ同様、多少の段差は乗り越えます。絨毯やラグの上も拭いてしまうので、わが家では敷物を処分しました。 ブラーバは画像左のものがおすすめです。

右の機種の方が新型で価格も1万円程安いのですが、専用のクロス(ぞうきん)でないとダメなんです。

左側の旧型は専用のクロスでも、市販のクイックルワイパー的な物も使えます。

専用のクロスは洗って再利用できるものもありますが、面倒くさいので我が家ではもう使っていません。

 

水拭きの方が床がスッキリするので、普段はクイックルワイパーのウェットシートを装着しドライモードで走らせています。

もちろんシートを裏返しても使用しています。

音は静かです。クイックルワイパーしている時の音位ですかね。寝ている時に動かしても大丈夫な位です。

クイックルワイパーのシート

クイックルワイパーのウェットシートに含まれるアルコール成分がブラーバのプラスチック部分を硬くするという話しもあります。

わが家のブラーバではクイックルワイパーのウェットシートを8年程度使い続けていますが、特段不備は感じていません。

硬くなったかどうかが分からないΣ( ̄□ ̄)!

 

  1. ドライシート&ドライモード
  2. ウェットシート&ドライモード
  3. ウェットシート&ウェットモード

3パターン適宜稼動させています。面倒くさいのでウェットモードはあまり使いません(T_T)

ブラーバのここがちょっと

値段的に機能を押さえたのか、予約やアプリでスタートできません。自分で充電ステーションまで戻ってきて充電できません。

スタートボタン押した場所に終わったら帰って来ます。

充電するには、充電ステーションまで連れて行きます。

持ち手の場所が逆にあるべきだと思います。充電ステーションに乗せる時、手が汚れちゃうじゃないか。

ブラーバのタイヤ交換しました!

ブラーバも購入して2年経過しているからか、タイヤがモロモロしてきました。

ミニ四駆のタイヤみたいな素材です。

床に黒い痕が少し付きます。ルンバみたいな素材のタイヤにしてくれたらいいのに。

タイヤゴムが擦れてできた汚れなので、消しゴムでとれました。

完璧に元通りにはなりませんでしたが、まぁ許容範囲内です。

うっかり【激落ちくん】などのメラミンスポンジで擦ると、床に細かい傷が付くのでご注意ください。

私はメラミンスポンジで擦ってしまいました(-“-;)

 

ブラーバ毎に消しゴムかけなんてやってられないので、新しいタイヤにしました。

ブラーバのタイヤ交換ができるそうです。

さっそく購入しました。

古いタイヤゴムを剥がして、新しいタイヤゴムを貼ります。

新しいタイヤゴムは純正のタイヤゴムと異なり、ルンバのタイヤゴムみたいな素材です。

この交換用タイヤゴム、接着剤等が付いていませんので自分で用意する必要があります。

我が家は車の内装もDIYするので、工具や接着剤等は揃っている方なのでタイヤ交換はサクッとできました。

【バンライフ】車中泊できるようハイエースの内装DIYしました
夫婦でハイエースに断熱材つめました。上手にできましたよ。

壁のネジ穴なんかも自分で補修します。夫よりも私の方が上手にやります。

自分でできる!賃貸住宅の壁にネジ穴をあけた時の直し方
1人暮らしから2人暮らしまで、過去6戸の賃貸住宅に住みました。毎回自分たちが住みやすいように必要であれば壁に穴もあけていますが、毎回キチンと修復しているので敷金は100%返ってきています。

ちなみに、この接着剤は消費税5%の時の物でした。まだまだくっつきます。

タイヤゴムの巻き始めと巻き終わりは接着剤が固まるまで、念のためマスキングテープでくっつけておきました。

ブラーバのバッテリー交換しました!

やはりルンバ同様、購入後5年程度でバッテリーが弱ってきました。

充電できないんです!

ずっと充電器の上でピプーピプー言ってるんです(T_T)

 

サクッと購入し、交換しておきました。交換にはマイナスドライバーが必要です。

購入する店舗によってはバッテリー交換方法が同封されています。

何と!調べて知ったんですが、交換用バッテリー、値段に差があるんです!8,000円と3,000円!

もちろん高い方を買いました!

よろしくないバッテリーだと、発火・爆発の恐れがあるからです。特に某国製品は心配で(゜д゜;)

ルンバとブラーバどっちがオススメ?

ともあれ、うるさくなくて床がキレイになるので、ブラーバに満足しています。

ルンバは細かい埃も吸ってくれますが、ブラーバで水拭きした後の床の方が気持ちいいです!

夫は細かい作業が苦手なのでルンバのゴミ処理はできませんでしたが、ブラーバはクイックルワイパーのシートを捨てるだけなので、率先して?ブラーバの面倒をみてくれています。

家に人を招く際にも、しっかり床を拭いてくれます。

 

ポチッとしていただけると、励みになります。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました