キズパワーパッドで失敗して入院した友人の話

実行して良かったもの

先日友人がケガをしまして、キズパワーパッドを貼ってあげました。

口頭で使用方法を説明しましたが、用法を間違ったみたいで、化膿が進み1週間の入院となりました!

そんな話です。

キズパワーパッド

ジョンソンエンドジョンソン社の製品です。同社はバンドエイドも生産しています。

湿潤療法

従来のかさぶたを作って治癒させる方法と異なり、傷を乾燥させずに治療します。

湿潤療法での治療は傷跡が残りにくいです。

キズパワーパッドの使い方

キズパワーパッド公式サイトに使い方がのっていますが、ポイントは6つです。

  1. 水道の流水で傷を洗う
  2. 清潔なタオルやティッシュペーパーで水気を取る
  3. 傷より1周り大きいキズパワーパッドを貼る
  4. 1分間ほど手で温め接着させる
  5. 傷の経過観察を行う
  6. 体液が溢れてきたりしたら貼り替える

キズパワーパッドで失敗して入院した友人のマズかった点

ハイキング中に転び、膝をすりむきました。「あぁー痛そうやねー(-_-;)」レベルでした。

決して「救急車救急車(゜Д゜;≡;゜Д゜)」レベルでは無かったです。

水道の流水で洗っていない

ハイキング中の怪我だったため、付近に水道水は無く、飲みかけのペットボトルの水で洗いました。

もちろん直飲みペットボトルです。

 

 

他の処置は公式サイト通り行いました。

自宅に帰ってから、水道の流水で洗って新しいキズパワーパッドを貼ればどうってことないはずでした。

使い方がイマイチ分かっていなかった

キズパワーパッドは1箱に複数個入っているので、箱ごと渡しました(説明書も同封されています)。

皮算用
皮算用

家に帰ったら洗って貼り替えて!様子見て、おかしかったら病院に行ってな!

使用方法をざっとは説明しました。

たぶん、70歳の友人には使用方法を覚えられなかった様子です(T^T)

まさか入院するなんて(*_*)

公式サイトには「2歳以下の乳幼児には使用しないでください」とありますが、高齢の人も危険です。

キズパワーパッドを過信してはいけない

上手に使うと傷跡がほとんど無く治療ができますが、分泌されているのが【体液】なのか【膿】なのか分からない場合もあります。

「貼ってたら治るし」と傷の経過観察を怠ると、友人のように膿の細菌が全身にまわり入院するはめにもなりかねません。

正直、使用方法をしっかり理解できていない場合は従来通りのバンドエイドで良いと思います。

何なら赤チンでも!

70歳のおじいちゃん友人は膝を傷跡無くキレイに治したいなんて思っていなかったと思います。

まぁまぁ高齢なので、ホント全快して良かったです(T^T)

「殺されかけたわー」なんて笑い話になっています。

「ちゃんと保険の受取人を私にしてからやるよ!」なんて返しています。

仲良いんですよ(´_ゝ`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました