【マグニフィカS】デロンギ製全自動エスプレッソマシンを10年使ってみての感想

グルメ

午後を過ぎてカフェインを摂取すると夜眠れなくなる皮算用です。

12時がラインだなんて何だか【グレムリン】みたいです(T_T)

おすすめの映画・本【2が面白い作品】
1よりも2の方が面白かった作品の紹介です。

2010年頃にデロンギ製エスプレッソマシンマグニフィカSを購入しました。現在も現役で使っています。

デロンギ製全自動エスプレッソマシン【マグニフィカS】

ずいぶん昔に購入したので、当時は【ミルクカートリッジ】が付いていませんでした。

我が家が持っているのはこちらの製品になります。

2010年頃に10万円で購入しました。

 

なかなかお高いですが、10年使用中なので1年辺り1万円です。まだまだ元気に動いているので、年当たりの単価はこれからも下がります。

【ミルクカートリッジ】付きの新製品はもはや10万円では買えず、20万円近くします。

皮算用
皮算用

日本以外の国では物価が上がっているためです。

全自動エスプレッソマシンの良いところ

さすが高いだけあってメチャクチャ便利です。

  1. 電源スイッチ入れる
  2. 使用前後に自動でノズルをお湯で洗浄する
  3. ボタンを押す
  4. コーヒーが入る
  5. 当日中にゴミ捨てる

基本、人が操作するのは【ボタンを2回押す】と【ゴミ拾て】だけです。朝の準備が効率化できます。

起きる→電源スイッチ入れる→顔洗う→コーヒーカップ置いてボタン押す→着替える→コーヒー飲む

ここがスゴイよマグニフィカS

  1. 豆も粉も使える
  2. プレスが自動
  3. コーヒー殻も自動でポイ
  4. ミルク泡立ても自動

豆も粉も使える

【マグニフィカS】では使うコーヒー豆は、丸ごと豆でも挽いた豆(粉)でも使えます。

やっぱりコーヒーは挽きたての豆がおいしいです(*^_^*)

 

 

※インスタントコーヒーの粉は使えません。

プレスが自動

エスプレッソマシンなので、本来はコーヒーの粉をケースにプレスしないといけません。

よく見かけるこのタイプの製品は【人力でプレス】します。

友人がこのタイプの製品を持っていますが、購入後1年ほどで使わなくなり、現在は箱に戻して収納しているそうです。

 

休日にゆったりと、粉をギュウギュウ詰めるは楽しい時間だと思いますが、平日の朝からこんな時間を作れる人はレアだと思います。

夜に準備しておくと、コーヒーの風味がとびそう(^^;)

コーヒー殻も自動でポイ

全自動なので、1杯入れるごとにプレスされたコーヒー殻は機械内部の【殻入れ】にポイポイ捨てられます。

殻は20個位ためられます。

 

 

割と水分少なめなコーヒー殻です。

【コーヒー殻を消臭剤】として靴箱等に置いて使っている方もいます。

その場合はコーヒー殻を乾燥させた後、お茶パック等に入れて消臭剤とすると良いです。

※カビなどが発生する可能性もあるので、自己責任でお願いします。

ミルク泡立ても自動

【ミルクカートリッジ】付きのものはボタン1つでカプチーノが作れます。

ボタン2回押すんじゃないんですよ!(コーヒー+ミルク)

1プッシュ!

 

いやコレ、最高でしょ。

 

 

私の持っているマグニフィカSは10年前のものなので、ミルク泡立ては人力です。

コーヒー抽出口とは別のノズルがあり(左側)、そこからスチーム(蒸気)が出ます。

スチームでミルクを温めつつ泡立てますが、ほんの1分位ですが面倒くさいんです(T_T)

そのためここ3年は使っておらず、ノズルの先も外してあります。

皮算用
皮算用

最新式が欲しい(T_T)

コーヒーを使わない【ホットミルク】なんてメニューもあるそうです。

ミルクカートリッジは冷蔵保存

【ミルクカートリッジ】は、ケースごと冷蔵庫に保存します。

使う時に冷蔵庫から出してマシンにセットします。

全自動エスプレッソマシンのケア

  • 豆・水の補給
  • 片付け・手入れ

この2点は人力で行う必要があります。

マグニフィカSは機械内部にカルキ抜きフィルターがあるので、水道水をそのまま使います。

カルキ抜きフィルターは交換が必要です。交換が必要な際には、マシン表面のパネルに【フィルター交換しなさいよマーク】が点灯します。

最高にお利口さんです(^_^)

片付け・手入れ

電源オフしてから、コーヒー殻とノズル洗浄に使用した水を捨てます。

【殻入れ】や水がたまっている部分は食器用洗剤で洗います。

食洗機は温度が高いので、メーカーとしては使用禁止です。

 

 

我が家では食洗機をこっそり使っています。

食洗機の温度(80℃?)でプラスチック部分が白っぽくなってきました。

新製品への買い換え向けてがんばります。

プレス用の機械は水洗いします。

これらの片付け・手入れは当日中であれば良いので、朝にバタバタしません。

マグニフィカSは自動で電源オフ

電源オフを忘れても、2時間後に自動でオフされます。しかも【ノズルの洗浄】します!

もうコレ最高やろ!(;´д⊂)


コメント

タイトルとURLをコピーしました