【1人暮らしの節約】自炊で食費節約の間違い

節約
大学生

よし!節約のために自炊するぞ!

実はこれ間違いです。

 

 

確かに自炊すると1食当たりの材料費は低くなりますが時間と労力がかかります。

普通のサラリーマンならば時給換算2,000円くらいになるかと思います。夕食作り片付けに1時間かかると1食分の食費は『2,000円+食材費』となります。

バランスの良い食事を安価に食べられる時代ですのでそういったサービスを利用することで自分の自由時間が増えます。

自由時間に十分リフレッシュすることで翌日の仕事への活力が増すのでしっかり働けて稼げます。

節約をする理由は『使えるお金を増やしたい』からです。真に節約すべきは自分の時間を無駄に使わないです。

自炊にかかる時間

『週末に1週間分の食事をまとめて作り、冷蔵・冷凍しておき平日に食べる』というスタイルの方もいます。

これをすると休みの日が1日潰れます。

 

 

たいていは毎日(2日に1回)作るだと思います。

  • 調理する時間
  • 片付ける時間

おそらくこの2つで1時間はかかります。買い物時間も入れると自炊にはものすごい時間を取られます。

セブンイレブンはお弁当を配達してくれる

あまり知られていませんがセブンイレブンにはセブンミールというシステムがあります。

セブンイレブン取り扱い商品や、セブンミールオリジナルの商品を購入できます。

商品は3種類あります。

  1. お弁当:500円(税別)
  2. おかずのみ:500円(税別)
  3. 調理前食材:510円(税別)

いずれも1人前の価格となっています。

調理前食材では20分間で調理できるそうです。

 

 

受け取り方法も2通り選べます。

  1. セブンイレブン店舗受け取り
  2. 配達

ちなみにお酒なども配達してくれます。

 

しょっちゅう帰りがけにコンビニに寄り、買い物して帰っているなら、配達してもらうとその分の時間が浮きます。また、不必要な物を買わないで済むので安くつきます。

限りある自分の人生の時間を買い物だけで毎日20分削られていくと、週5日で100分です。1ヶ月で400分、1年で4,800分=80時間です。

忙しい大人は自分の時間を作るために、色々試行錯誤すべきです。

お弁当の配達はお金と時間の節約になる

CMで目にしたこともあるワタミの宅食です。

  1. 管理栄養士が献立を設計
  2. 日替わり夕食を毎日お届け

※北海道・青森・秋田・岩手・沖縄・その他一部エリアの宅配不可

 

 

コレ、なかなか良いんじゃないかと思います。

帰宅して無洗米を炊いている間にお風呂入れば時間バッチリです。

健康に気をつかう体型・年齢で忙しい大人にオススメしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました