PR

振込手数料無料にする方法はイオン銀行がオススメ

節約
記事内に広告が含まれています。

多くのネット銀行ではステージ別に特典があります。

  • 他行宛振込手数料0円
  • 他行ATM入出金手数料0円

特に他行への振込手数料無料はありがたいです。

 

 

イオン銀行&イオンセレクトカード保有だと他行への振込手数料が月1~3回無料になります!ステージ判定の基準は他のネット銀行よりも緩いです。

イオン銀行のステージ判定は簡単イージーでラク

イオン銀行では各ステージに応じた特典があります。

シルバーステージならば下記3点行うとずーっと月1の振込手数料無料になります。

  • イオンセレクトカード作る
  • WAONのオートチャージ設定する
  • 給料受け取りをイオン銀行に設定する

ステージ特典と必要なイオン銀行スコア

ステージが上がるほど、特典がおトクになります!

対象のお取引ごとに「イオン銀行スコア」が設定されており、毎月の合計点数により翌々月のステージが決定します。

ステージ
ブロンズステージシルバーステージゴールドステージプラチナステージ
普通預金適用金利2021年10月10日現在
年0.01%税引後
年0.007%
年0.03%税引後
年0.023%
年0.05%税引後
年0.039%
年0.10%税引後
年0.079%
他行ATM入出金利用手数料 無料回数※1
月1回月2回月3回月5回
他行宛振込手数料 無料回数※2
0回月1回月3回月5回
必要なイオン銀行スコア
20点以上50点以上100点以上150点以上
対象取引【判定基準】イオン銀行スコア
10点
30点
1に30点を加え計40点
  • 3イオンカードご利用代金のお引落し(キャッシュ+デビット、イオンデビット、J-Debit含む)【月間実績】
10点~100点
10点~100点
10点
10点
10点~100点
30点
10点~100点
30点
30点
30点
10点
30点
30点
30点
  • 17給与のお受取り【月間実績】
30点
30点
10点

ちなみに私はゴールドステージを維持しているので他行への振込手数料は月3回無料です。

  1. イオンゴールドカードセレクト40点
  2. 1.の引き落とし先をイオン銀行へ10点
  3. WAON利用40点
  4. WAONオートチャージ10点

日用品や食費のうちWAONでは月3~4万円支払っています(楽天カードの利用が多いですが)。月3~4万円分のWAONだと40点もらえます。

イオンカードとしての利用はガソリン給油ぐらいなので月2万円くらいです。これで10点。

 

 

 

ちなみにイオンカードセレクト→イオンゴールドカードセレクトへは年間100万円程クレジットカードを使っていると案内が届きます。

ゴールドカードになっても年会費無料なのでゴールドカードにするのはオススメです!また、一度ゴールドカードになってしまえば年間のカード利用が100万円を下回ってもゴールドカードのままでいられます。

 

※年間100万円≒月8万円超。食費・日用品・光熱費・各種保険料・ガソリン代・車検代。クレジットカード払いできるものはクレジットカード払いにしましょう。WAONポイントも付きますし!本当にゴールドカード化がんばってください!!

イオンカードセレクトはポイント2重取り

最初はイオン銀行を敬遠していたので『イオン銀行は開設せず、カードもセレクトでない普通のイオンカード』でした。

イオンカードセレクトにするとポイント2重取りというのを聞き、是非とも切り替えないと!と実行しました。

ポイント2重取り

イオンカードもイオンカードセレクトも、クレジット払いならば、200円⇒1ポイント(1円)です。

WAONで支払っても同じです。

ですが、イオンカードセレクトで「WAONオートチャージ」にするとポイントが2重取りできるんです。

 

  • オートチャージ時:200円⇒1ポイント
  • WAON支払い時:200円⇒1ポイント

他にも特典はあります。詳しくはイオンカードセレクト公式サイトへ

 

 

 

ちなみにイオンゴールドカードでもイオンゴールドカードセレクトでも、クレジット払いならいつでもポイント2重取りです。

クレジット払い

イオンカード、イオンカードセレクト共通

  • イオングループ対象店舗は、いつでも200円⇒2ポイント
  • 毎月10日はイオン関係なくどこのお店でも200円⇒2ポイント

いずれも、一部対象外店舗があるそうです。詳細はイオン暮らしのマネーサイトへ

WAON払い

  • 単にWAONで支払うと200円⇒1ポイント
  • 毎月10日はWAONで支払うと200円⇒5ポイント
  • 5の付く日はWAONで支払うと200円⇒2ポイント

5,10,15,25日はWAON支払いができるならば、クレジット払いよりもお得です。

オートチャージを利用すると、更にチャージ時に200円⇒1ポイント付くので、お得です。

WAONが使える時はWAONにしておけば間違いない!

WAONオートチャージでイオン銀行にお金がないとき

初期設定はオートチャージになっていないので、ポイント2重取りをするためには自分で設定する必要があります。

「〇円以下になったら△円分チャージする」

イオンカードセレクト公式サイトからも設定できますし、イオンにあるWAONステーションでも設定できます。

 

自分で好きなように設定できますが、引き落とし先はイオン銀行です。

イオン銀行にチャージ金額分の残高がないとオートチャージされません。

チャージできるけど借金扱いになるよりも全然いいですけどね!

 

 

実は最初はセレクトカードでなく、普通のイオンカードだったんです。

WAONポイント欲しさにセレクトカードに切り替えたのですが、VISAだとカード番号が変わるといった不具合もあるので、最初からセレクトカードにしておけば簡単でした(T_T)

イオンゴールドカードからイオンゴールドカードセレクトへ切り替え
イオンゴールドカードからイオンセレクトカード(イオン銀行)に切り替えたら、ちゃんとゴールドで切り替えできました。ゴールドカード⇒ゴールドカードです。

クレジットカードをゴールドカードにするには

ゴールドカード以上は招待制となります。各クレジットカード会社の基準を満たせば、案内の書類が届きます。

 

 

 

ゴールドカードは過去に2社招待されました。

  1. UFJ銀行カード
  2. イオンカード

だいたいどこのクレジットカード会社も、年間100万円超の利用でゴールドカードの案内が来ます。月8万円超で達成です。

  1. 家賃
  2. 水道光熱費
  3. スマホ代
  4. 食費
  5. 日用品
  6. 生命・医療保険料
  7. ガソリン代
  8. 車検代
  9. 自動車保険料

普通に生活していれば、月8万円は使うと思います。年間100万円はそう難しくないと思います。

 

 

月8万円も使わない!なんて場合でせっせと貯金しているならば、ふるさと納税とつみたてNISAがオススメです。カード払いにすると節約節税+資産運用+カードを育てることになるので、1粒で3度おいしいです。

ふるさと納税やつみたてNISAを知らないのはもったいないです。

NISA・つみたてNISAの始めかた
始めるなら早い方が良いですよ。

イオンゴールドカードセレクトの特典

  1. 旅行損害保険
  2. ラウンジサービス

特にこの2点が素晴らしいです。

 

2点とも無料です。

海外旅行損害保険

金額
傷害による死亡・後遺障害3,000万円
傷害による治療費用200万円
疾病による治療費用100万円
携行品損害30万円
個人賠償責任3,000万円
救援者費用など100万円

日本国内と違い、外国では医療費がものすごく高額です。

そのため、このイオンゴールドセレクトに無料で付いている海外旅行損害保険だけでは心もとないですが、無料でこれだけ付いているのは素晴らしいと思います。

国内旅行損害保険

金額
傷害による死亡・後遺障害3,000万円
傷害による入院日額5,000円
傷害による通院日額3,000円

海外旅行や国内旅行では、旅行代金や宿泊施設の代金をイオンゴールドカードセレクトで支払っていれば保険対象となります。

ラウンジサービス

  1. イオンラウンジ
  2. 羽田空港ラウンジ

イオンラウンジは全国に200店舗近くあります。同伴者3名まで無料で利用できます。

羽田空港では合計6ヶ所にラウンジがあります。

  • 羽田空港第1ターミナル:3ヶ所
  • 羽田空港第2ターミナル:3ヶ所

羽田空港ラウンジでは、同伴者は有料となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました