イオンのクレジットカードはイオンカードセレクトがお勧め!

節約

30代でセミリタイアした皮算用です。

格安SIMとか先取り貯金などの節約+資産運用で30代でセミリタイアできました(^^)v

30代でセミリタイアした時点での世帯資産額
30代でセミリタイアした時点での世帯資産額は2,600万円でした。

もちろん家計をやりくりする人間なので、主婦の味方イオンカードがメインカードです!

途中でイオンカードからイオンカードセレクトに切り替えました。

 

イオンカードセレクトの方が有利だからです。

最初からイオンカードセレクトにしておけば2度手間にならなくて済んだので、これからイオンのクレジットカードを作る方の参考になればと思います。

イオンカードセレクトはポイント2重取り

イオンカードセレクトならば、「ポイント2重取り」というのを聞き、是非とも切り替えないと!と実行しました。

ポイント2重取り

イオンカードもイオンカードセレクトも、クレジット払いならば、200円⇒1ポイント(1円)です。

WAONで支払っても同じです。

ですが、イオンカードセレクトで「WAONオートチャージ」にするとポイントが2重取りできるんです。

 

  • オートチャージ時:200円⇒1ポイント
  • WAON支払い時:200円⇒1ポイント

他にも、特典はあります。詳しくはイオンカードセレクト公式サイトへ

たまたま、近所のスーパーが全てイオン系列となり、これはポイント2重取りすべきや。

何なら、イオン株買って、オーナーズカードでキャッシュバックを考えないと!と、できることから始めました。

まずはイオンセレクトカードでポイント2重取りです!

 

ちなみに、イオンゴールドカードでもイオンゴールドカードセレクトでも、クレジット払いならいつでもポイント2重取りです。

クレジット払い

イオンカード、イオンカードセレクト共通

  • イオングループ対象店舗は、いつでも200円⇒2ポイント
  • 毎月10日はイオン関係なくどこのお店でも200円⇒2ポイント

いずれも、1部対象外店舗があるそうです。詳細はイオン暮らしのマネーサイトへ

クレジット払いで貯まるポイントは【ときめきポイント】です。WAONポイントに、1,000ポイント以上500ポイント単位で交換できます。

ときめきポイント1,000ポイント⇒WAONポイント1,000ポイント

WAON払い

  • 単にWAONで支払うと200円⇒1ポイント
  • 毎月10日はWAONで支払うと200円⇒5ポイント
  • 5の付く日はWAONで支払うと200円⇒2ポイント

5,10,15,25日はWAON支払いができるならば、クレジット払いよりもお得です。

オートチャージを利用すると、更にチャージ時に200円⇒1ポイント付くので、お得です。

WAONが使える時はWAONにしておけば間違いない!

WAONオートチャージでイオン銀行にお金がないとき

初期設定はオートチャージになっていないので、ポイント2重取りをするためには自分で設定する必要があります。

「〇円以下になったら△円分チャージする」

イオンカードセレクト公式サイトからも設定できますし、イオンにあるWAONステーションでも設定できます。

 

自分で好きなように設定できますが、引き落とし先はイオン銀行です。

イオン銀行にチャージ金額分の残高がないとオートチャージされません。

チャージできるけど借金扱いになるよりも全然いいですけどね!

 

 

実は最初はセレクトカードでなく、普通のイオンカードだったんです。

WAONポイント欲しさにセレクトカードに切り替えたのですが、VISAだとカード番号が変わるといった不具合もあるので、最初からセレクトカードにしておけば簡単でした(T_T)

イオンゴールドカードからイオンゴールドカードセレクトへ切り替え
イオンゴールドカードからイオンセレクトカード(イオン銀行)に切り替えたら、ちゃんとゴールドで切り替えできました。ゴールドカード⇒ゴールドカードです。

クレジットカードをゴールドカードにするには

ゴールドカード以上は招待制となります。各クレジットカード会社の基準を満たせば、インビテーションカードが届きます。

皮算用
皮算用

招待の書類が郵送で届きます。

ゴールドカードは過去に2社招待されました。

  1. UFJ銀行カード
  2. イオンカード

だいたいどこのクレジットカード会社も、年間100万円超の利用でゴールドカードの案内が来ます。月8万円超で達成です。

  1. 家賃
  2. 水道光熱費
  3. スマホ代
  4. 食費
  5. 日用品

普通に生活していれば、月8万円は使うと思います。年間100万円は簡単です。

皮算用
皮算用

実家暮らしなら月8万円使わないかな?

月8万円も使わない!なんて場合でせっせと貯金しているならば、ふるさと納税とつみたてNISAがオススメです。カード払いにすると節約節税+資産運用+カードを育てることになるので、1粒で3度おいしいです。

ふるさと納税やつみたてNISAを知らないのはもったいないです。

NISA・つみたてNISAの始めかた
NISAが開始された年から利用しています。資産運用・投資において時間というのは大きな武器です。 始めるなら、早い方が良いですよ。

イオンゴールドカードセレクトの特典

  1. 旅行損害保険
  2. ラウンジサービス

特にこの2点が素晴らしいです。

 

2点とも無料です。

海外旅行損害保険

金額
傷害による死亡・後遺障害3,000万円
傷害による治療費用200万円
疾病による治療費用100万円
携行品損害30万円
個人賠償責任3,000万円
救援者費用など100万円

日本国内と違い、外国では医療費がものすごく高額です。

そのため、このイオンゴールドセレクトに無料で付いている海外旅行損害保険だけでは心もとないですが、無料でこれだけ付いているのは素晴らしいと思います。

国内旅行損害保険

金額
傷害による死亡・後遺障害3,000万円
傷害による入院日額5,000円
傷害による通院日額3,000円

海外旅行や国内旅行では、旅行代金や宿泊施設の代金をイオンゴールドカードセレクトで支払っていれば保険対象となります。

ラウンジサービス

  1. イオンラウンジ
  2. 羽田空港ラウンジ

イオンラウンジは全国に200店舗近くあります。同伴者3名まで無料で利用できます。

皮算用
皮算用

ゴールドカード会員入れて合計4人まで利用できます。

羽田空港では合計6ヶ所にラウンジがあります。

  • 羽田空港第1ターミナル:3ヶ所
  • 羽田空港第2ターミナル:3ヶ所

羽田空港ラウンジでは、同伴者は有料となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました