大阪・京橋でフグを食べるなら【とら乃介】

グルメ

「フグを食べるなら日本で1番安いのは大阪」と言われているの知っています?

フグ嫌いな人はいないですよね?

友人で1部上場企業にお勤めの50代の方が「フグてぽん酢の味しかせんやん」と言っていました。

お前は今後一切フグを食べるな!

そう思ってしまいました。

とら乃介

おいしい料理にはおいしいお酒が必要ですよね?

 

大阪のあちこちにあるお店同様、コース料理+飲み放題のメニューがあります。

今回【とら乃介】を特記したのは、コース料理+飲み放題が大阪のほぼ底値だからです。

しかも京橋駅(JR・京阪)徒歩5分程度です。【真実の口】方向に歩いて行き、交差点を渡り真っ直ぐです。

ぜひ飲み放題のコースをご利用ください。ひれ酒も1人1杯付いています。

継ぎ酒は飲み放題です。

とら乃介のひれ酒

お店の混み具合・グループの人数によっては客席でひれ酒のひれを炙ってくれます。

毎回「ボーボーで」とオーダーしています。笑

(グループ人数が多いと目の前で炙ってくれません。)

愛夫
愛夫

ひれ酒アテに冷酒が飲める!

多分バカです。笑

 

飲み放題メニューに冷や酒が入っています。

お酒を飲み過ぎる人には2日酔い予防の記事があります。

二日酔い予防のためにやっておくと良いこと2点
二日酔いはなるとしんどいので、ならないようにすることが大事です。二日酔い予防のためにやっておくと良いこと2点です。

2日酔いになるまで飲むのは夫ではなく皮算用です(T_T)

皮算用
皮算用

ええ。私がバカなんです(゚-゚)

とら乃介のぶつ切りてっさ

フグの毒に当たると死ぬので、鉄砲に例えての鉄からきています。

てっさ(フグの刺身・鉄の刺身)は普通は薄造りです。とら乃介の宴会コースのてっさは厚みのあるぶつ切りとなっています。

 

1品メニューにはもちろん、薄造りのてっさもあります。

宴会コースのてっさには、【皮の湯引き・白子】も少々付いています。

このページのお店案内のてっさは薄造りです。ぶつ切りは3~4枚分の厚みがあります。

とら乃介のてっちり

フグの水炊き=てっちり

てっちりの具材が大皿に乗って出てきます。

ここは動画撮影タイムです!

切り身がピクピク動くんです!さながら、刺身の活け作りみたいな!

 

くちパクパクはしません。横隔膜辺りがピクピクしてます。割と長い時間ピクピクしてるので、「おぉー!」と思ってからカメラを構えても間に合います。笑

 

とら乃介は店前にいけす(水槽)があり、フグが泳いでいます。是非入店前にフグの数を数えて入りましょう。

店を出た時と数が減っています。笑

とら乃介の愉しみ方

宴会コースがいくつかありますが【てっさ・唐揚げ・てっちり】のコースで十分です。お酒を飲む方は飲み放題を付けた方が良いです。

唐揚げにはビールです。

料理を追加する

宴会コースも色々あって迷うんです。【焼きふぐ】とか【炙りふぐ】とか付けたくなるんですが、1人1人前必要なのは【てっさ・唐揚げ】くらいです。

他の料理はお腹具合と相談して追加注文しましょう。

 

オススメは【白子焼き】です。塩とタレがあります。断然、塩です!

これとひれ酒又は冷酒がよく合うんです(T_T)

 

毎年友人数人でお店に行くのですが、白子焼きはスプーンでごりごりカットして、みんなでシェアしています。

焼き目がちょっぴり香ばしくて、白子特有のクリーミーな口当たりに、程よい塩け。お酒がすすむこと間違いなしです(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました