フロスが歯に引っかかって取れない時の対処法

健康美容

毎日フロス(糸ようじ)を使っています。

『フロスが歯に引っかかるのは虫歯』なんて都市伝説もあるので毎日びくびくしながらフロスしています。

 

さて、フロスが歯に引っかかった時の対処法です。

糸ようじが歯に引っかかった

これ、マヌケです(T_T)

口の中にどどんと入れておくわけにはいかないので、舌を切らないように気をつけながらハサミで糸を切って糸ようじ本体を取り出します。

 

歯間に糸が挟まっていなければこれで解決なのですが挟まってしまってると糸を取り除かないといけません。

 

不快だし歯の隙間に糸がつまってるとそこに更に汚れが付着しやすそうじゃない?取り除かないと!

フロス糸が歯に引っかかった

焦るのでついつい乱暴にやりがちです(T_T)

摘めないレベルの糸の長さで歯に引っかかってしまいました。追いフロスをするのですが選んだフロスがまずく2度目も引っかかってしまいました(T_T)(T_T)(T_T)

 

『水分を吸って膨らむ』タイプのフロスはよくなかったです(T_T)

歯は動く

糸が詰まった歯は他の歯を押すのか、手前の歯の歯間もいつも以上に詰まってきます。フロス入らない!

 

 

調べてみると「30分ほど開けて再度試しなさい。それでも取れなかったら歯医者へ」とあったので翌朝トライしました。

取れました!

 

 

 

ちなみに調べた中には「追いフロスの糸に油塗ると滑りが良くなってオススメ」というものもありましたが私には効きませんでした。

フロス糸が引っかからない方法

毎回引っかかるのは同じ歯じゃないですか?

なのでその歯を最初にフロスすることにしました。

 

 

 

最初にフロスすると糸自体が摩耗していないのでザラザラしていないんです。最後の方にフロスするから糸が摩擦でザラザラになってて引っかかるんです。

1番目にフロスすることで引っかからずトラブルが回避できているので知識をシェアしておきます。

格安糸ようじでオススメはこの2品
歯間大事よ!
電動歯ブラシで歯周ポケットが改善された!
4mmまでの歯周ポケットは改善しやすいそうです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました