高校生に人気の医療系への進学はコスパ悪いと思っています

進路話

現役高校教員の皮算用です。

セミリタイアしたので、もう担任は持ちませんが、担任時代は医療系を希望する生徒及び保護者が多かったです。

医療系といっても、医者から技師まで幅が広いですが。

医者

もちろん医学部への入学が必要です。

他の学部卒で医学部の院に進学し、臨床をせず研究職になるならば医学博士という手もありますが、一般的に憧れがあるのは医学博士でない普通の医者です。

医学部の学費

6年制の私立医学部でかかる学費は5,000万円とも言われています。

河合塾が私立医学部学費ランキングを作ってくれています。詳しくはそちらへどうぞ

学費が安く済むのは国公立大学です。6年制の医学部でかかる学費は400万円位です。こちらも、河合塾にランキングがあります

 

現役で国公立大学医学部に合格するのは至難の業で、これまでの人生で1人だけ18歳の医学部生に出会ったことがあります。

確か離島医療がしたいと燃えていました。

医学部専用学習塾・予備校

たいていは何浪かします。

 

自宅浪人して3浪で合格した友人がいます。今は整形外科医をしています。

 

友人の高校生のお子さんが医学部専用学習塾に通っていました。年間200万円かかると言っていました。

高校2年生の春から通われていましたが、やはり現役で医学部は無理で、国立大学医学部看護学科に進路を変更していました。

 

現役高校生向きの16時~22時の塾ならば年間200万円で済むかもしれませんが、浪人生向きの9時~22時の予備校ならば相場は年間300~500万円だそうです。

医者になるのにかかる費用

元々の学力によりますが、医学部合格には5年位かかりそうです。

高校生になってから医者を目指すと、2年足りないですよね。

 

現役合格を目指すならば、中学2年生から医学部専用学習塾200万円/年に通うと考えます。すると5年間で1,000万円必要です。

その後国公立大学医学部合格ならば追加で400万円で済みますが、私立医学部ならば追加で5,000万円かかります。

 

最高値パターンは高校2年生から専用学習塾2年(400万円)+予備校3年(1,200万円)→私立医学部(5,000万円)です。合計7,000万円程かかります。

安値パターンは中学2年生から専用学習塾5年(1,000万円)→現役国公立大学(400万円)です。合計1,400万円かかります。

最安値パターンは「医学部進学を見据えて中学受験をして、現役国公立大学医学部(400万円)を狙う」です。

小学生の学習塾代が小3~小6で800万円もかからないと思います。これだと合計1,200万円かかります。

もしもお子さんを医者にしたいならば、早めに舵をきるのを奨めます。

早めの投資はより安く済む可能性があります。

医者の平均年収

平均年収.jpによると、勤務医の平均年収は1,700万円程となっています。

「平均年収.jp」へ

最高値パターンの7,000万円かけて医者になっても4年程でpayできそうです。

歯科医・獣医

医者同様、6年制の歯学部・獣医学部となります。学費等も医学部とそう変わりません。

平均年収は「平均年収.jp」によると以下の金額だそうです。

  • 歯科医1,300万円
  • 獣医620万円

歯科医の独立開業

歯科大付属病院に通っていたことがあります。

 

そこの歯科大を卒業して、そのまま付属病院で勤務していた先生だったのでしょうか、担当の先生(当時38歳位?)に言われました。

薬剤師

僕、今月いっぱいで辞めるんです。

今から独立して、機材揃えて開業して70歳まで働くと、今までかかった学費等がpayできるギリギリの年齢なんです。

雇われたままだと、給料はそう高くないので。

皮算用
皮算用

!?70まで働くの?

それでトントン?

驚きました。

 

皮算用は早く仕事辞めたい側の人間だったので、70歳まで働かないと、歯科医って元取れないんだと。

きっと、実家が歯医者とかで機材関係の初期費用が抑えられるなら、黒字化はもっと早いんだと思います。そうでない場合は、かなりの覚悟が必要ですね。

薬剤師

近年女子生徒に人気です。と言うより、お母さんが娘に入れ知恵している気がします。

医学部同様、薬学部専門の塾・予備校もあります。値段も似たようなレベルです。

学費・平均年収

医者系よりも安い学費ですが、6年制の私立薬学部でかかる学費は2,000万円と言われています。

国公立大学薬学部ならば、医学部と同じく400万円位です。

平均年収は590万円となっています。

「平均年収.jp」へ

ちなみに、4年制の薬学部もありますが【薬剤師】になれないのでご注意ください。薬学の研究職には就けます。

薬剤師国家試験合格率は私立大学の方が高い

国家試験合格率は毎年50%程度です。

 

確率・統計のカラクリもあって、何を分母にするかで確率は変わります。

たいてい私立は、合格数/受験者数です。合格数/薬剤師を志望する数。なら、ひどいものですが。

国公立は、合格数/在籍数だと思います。

皮算用
皮算用

普通はこの計算式よね。

私立の場合は、成績悪いと国家試験受けさせてもらえないそうです。確率が下がるから。

 

でも、ご安心を!私立大学の場合は国家試験直前合宿(ホテル缶詰め)もあります!勉強させてもらえます!!もちろん、追加料金必要ですが。

看護士

最近は大卒看護士も増えましたが、現場のニーズがあるのかは謎です。

 

だってそれまで専門学校卒の看護士で十分まわっていたのに、わざわざ給料の高くなる大卒を雇う理由が分かりません。

専門学校卒と大卒で給料変わらないなら、雇う側に経済的デメリットないですけれど。

 

看護学科も専門の塾・予備校があります。値段は学費並みです。

専門学校クラスでいいなら、自分で学習できるレベルの難易度だとは思います。

専門学校学費

専門学校は3年制と4年制があります。

学費は年間150万円程度が相場でしたが、医療系は年々学費が上がっています。

年間180万円の学校もありました。

なかなか学費の差が激しいです。

 

4年制で学費合計800万円の専門学校を選択した生徒がいました。

どうしても浪人したくなかったので、現役で看護が受かるならば、どこでもいいとのことでした。

あまりの金額に鼻汁が出そうでしたが、お金を持っている家庭は違うなぁと思いました。

大学学費

私立大学だと年間150万円が相場なので450万円程度です。入学金等も入れると500万円です。

国公立大学ならば、300万円位です。

平均年収

平均年収は525万円となっています。

「平均年収.jp」へ

理学療法士・作業療法士・レントゲン技師

理学療法士は近年人気です。リハビリを担当する職業の様です。

 

実は弟が理学療法士の職に就いています。

看護士と同じく、3年制と4年制の専門学校と大学とかあります。

弟は4年制専門学校卒です。現在立派に理学療法士をしています。

学費・平均年収

看護士の学費とそう変わりません。

平均年収は471万円となっています。

「平均年収.jp」へ

 

弟が30歳の時に年収は450万円と言っていました。

1歳違いなので、当時皮算用は31歳で600万円もらっていました。遠慮して皮算用自身の年収は言えなかった。

【高校の先生の年収と時給換算】1年目から11年目まで
高校の先生の平均年収は42歳で750万円だそうです。勤続11年目の年収は約650万円でした。
皮算用
皮算用

聞かれたら言うけど、弟は聞いてこなかったのよ!

皮算用は弟の年収聞いたんだけどね。

先生としてひと言

近年高校生に人気の医療系進学ですが、授業料の割には賃金が高くないと感じています。

 

3者懇談での進路相談でも、社会貢献から医療系進学を考えるというよりは、「手に職を付けて働きたい」という感じしかしません。

どんな仕事をしていても、それはそれでスペシャリストとして「手に職」なのではないのかなと思います。

普通に文系大学に進学して、ホワイト企業で勤める方がコストパフォーマンスいいのになぁと日々思っています。

 

ポチッとしていただけると、励みになります。 にほんブログ村 教育ブログ 教育者(高校)へ にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました