DINKS家計簿4月

家計簿公開

正社員夫とセミリタイア妻のDINKSな我が家です。遅ればせながら、4月分の家計簿を公開します。

2018年4月家計簿

皮算用家は正社員の夫とセミリタイアした皮算用の2人暮らしです。

4月の家計が17万円程の赤字になっています。

皮算用の非常勤講師代約10万円は5月末に振り込まれます。

先取り貯蓄は夫の会社の社内預金です。高利子なんです。

収入に対して先取り貯蓄率80%です。先取り貯蓄を家計が赤字になるまでしなくてもと思うやもしれません。

皮算用には作戦があります。

皮算用先日退職金が出ました。307万円。

11年間働いた高校教員の退職金はいくら?
勤続11年の教育公務員を退職しました。退職金額は300万円でした。

普通預金に入っています。

夫の社内貯金は後2年で満期。

そのため307万円で2年間しのげればよいのです。

1年間で150万円まで取り崩せるので、盆や年末年始の出費を考えても月10万円迄の赤字ならまわせます。今月それをオーバーしてますが(T_T)

社内預金は利子が高いです。もちろん元金保証。会社が倒産すると元金保証ではないかも。

ともあれ、今は世界的にも好景気な株高。

こんな時は高値で掴みに行くよりも、暴落時を待つべく現金比率を高めます。

家計(夫名義資産)で買う金融商品は絶対にマイナスにするなと言われているので、底値で買う様タイミングを見ています。

機会の消失になっているかもしれませんが、安全性第一なので仕方ありません。

リスクは皮算用名義で取ります。良くできた奥さんです。

2年後の社内預金の満期時には、株式市場の状態にもよりますがドーン!と高配当株に投資したいと思います。

2年後以降に円高株安になってないかなー?

因みに、社内預金が満期を迎えたら毎月の余剰はどこにまわそうか思案中です。次の積み立てから利子が下がるそうなので。

2018年4月の家計を振り返って

家計簿はアナログ派と書きましたが、ブログ上でお見せするには項目が整理されていないとと思い、Excelでまとめたものを公開しました。

大人2人暮らしの生活費いくらかかる?(車1台所有)
結婚してからはずっと家計簿付けてます。夫婦2人の生活費は約10万円+家賃+レジャー・車代13万円です。

皮算用家は夫婦2人ともお酒を飲むのでアルコール代比率が高いです。

ただ、購入したワイン10本のうち、消費したのは4月で2本ですから!5月で更に1本消費。

まとめ買いがお得なんです。イオンの毎月30日限定で購入しました。

通信費は2人とも楽天モバイルを使っています。

普段の妻通信費は2,500円程度なんですが、退職にかかる手続きの連絡で電話代がかさみました。5月以降は下がるはずです。夫通信費はいつもこれぐらいです。

遅ればせながら、2018年投資目標です

皮算用、2013年から投資を本格的にスタートしました。

この5年間の平均利益確定額は50万円/年なので、今年も株式50万円目標+ソーシャルレンディング450万円運用中なのでプラス30万円の80万円(税引前)が今年の目標です。

3号被保険者でいるために年収130万円未満にしないといけないのです。

3号被保険者のメリット
30代でセミリタイアすることにしたので固定費の見直しをしました。まずは社会保険を減らそうと思い、3号被保険者となることにしました。

2018年1月から、証券会社の口座を【】特定口座・源泉徴収あり】に変更しておけば良かったんですが、手続き忘れで4月からの変更となりました(-“-;)

そのため株の売買は4月~なので、1~3月分を埋めるべく、銘柄探し・売買タイミングに奮闘中です。

IPOが当選したので目標額に貢献されています(^_^)v

先々、皮算用の給与収入100万円+資産運用+ブログ収入=300万円になればいいなーと考えています。

ブログの収益化は実現するか未定なので、資産運用をがんばります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました