【月次報告】2022年8月

2022年8月の月次報告月次報告(売買・配当・分配)

2022年8月末の報告です。

  • 2013年:222万円入金
  • 2014年:  28万円入金
  • 2015年:  47万円出金
  • 2016年:108万円入金
  • 2017年:   55万円出金
  • 2018年:なし
  • 2019年:111.5万円入金
  • 2020年:197.8万円入金
  • 2021年:230.7万円入金

総入金額は8月末時点で632万円+クレカ積立182万円の合計814万円となっています。

 

 

2022年8月次報告です。

税引き前と税引き後が混在しています。

株式譲渡(税引前)

なし

配当金(税引き後)

$15.09

  • MA
  • ABT

IPO

なし

IPO当選実績
2017年から始めたIPO投資の累計利益について
IPOの当選確率を上げるための方法3つ
実際に行っている3つの事柄を紹介します。

評価損益

4,921,055円

前月比+11万円

2022年8月の月次報告

2022年8月の月次報告

8月合計&2022年累計

2022年8月の月次報告

2022年8月の月次報告

SBI証券では、口座管理→取引履歴→円貨建口座→譲渡益税明細で特定口座損益が分かるようです。楽天のが見やすいです。

 

 

IPO応募も含めて証券会社は複数利用しています。『特定口座源泉徴収あり』の口座なので益確定時に20.315%の税金が引かれていますが昨年同様確定申告し20.315%の税金を取り返すつもりでいます。

株式譲渡益を総合課税にしたい。節税したい。
72万円の益出したけど還付金14万円(σ゚∀゚)σ ゲッツ!!

三菱UFJ銀行で投資信託積立始めた

三菱UFJ銀行でも投資信託積立を始めました。Pontaポイントが付与されるのでLoppiでお酒に変えていこうと思います。

Pontaポイントはauカブコムで投資信託買えますがローソンのLoppiで商品に変えるのが割がいいと思います。

  1. UFJダイレクトログイン(5)
  2. 運用商品残高50万円以上(50)
  3. 投資信託積立1万円毎(30)
  4. 口座振替クレカ(10)
  5. 住宅ローン(50)

( )内は月に付与されるPontaポイントです。3.については上限が10万円(300)となります。

三菱UFJ銀行のインターネットバンキングログイン→ポイントサービス申込を済ませてからの投資信託積立設定です。

UFJ銀行でPontaポイント貯める

UFJ銀行でPontaポイント貯める

ポイントでお酒も安く手に入るし節約がはかどる=お金使わない=お金貯まるなんだけど(っ*´ω`*c)ホクホク

通りすがり
通りすがり

お酒飲まないって選択肢は無いの?そっちのがお金貯まるんじゃ・・・。

黙らっしゃい!

松井証券でも投資信託買った

松井証券で投資信託を買うと5%分の松井証券ポイントがもらえます(積立上限が90,000円なので4,500ポイントが上限)。

預入期間が短いほど資金効率が良いので10月に90,000円一括積立するのがオススメです。私も前回の5~7月では7月に90,000円買いました。ポイントで投資信託を買えるので付与されたら投資信託買います(っ*´ω`*c)ホクホク

松井証券に口座を持っていなければ開設をすすめます。4,500ポイント=4,500円ってデカイよね?

ちなみに松井証券でも投資信託お引越しキャンペーンやっています。『1万円以上の投資信託移管&10万円以上を松井証券で買付け』すると1,000~10,000ポイントもらえます。もちろん移管手数料はキャッシュバック。こちらも手続きしたので合計で5,500円(っ*´ω`*c)ホクホク

NISAたちとiDeCo

  • 2017年~iDeCo
  • 2018年~2020年つみたてNISA
  • 2021年~NISA

夫婦揃って2021年からつみたてNISA→NISAに変更してみました。

つみたてNISAを利用する方がゆっくり穏やかに推移すると思いますが我が家は『先に積む』ことを選択しました。

老後資金用の長期運用なので毎月一喜一憂しても仕方ないですが公開します。

皮算用
皮算用

iDeCoは手数料削減のために2022年から12月一括になります。

iDeCoの手数料

参照:三菱UFJ信託銀行

2022年8月の月次報告

2022年8月の月次報告

オススメ書籍など

【貯蓄・節約】援助なしで新婚9年間で1,200万円貯めた方法
万人に再現性があるのは節約と節税です。9年で3,600万円可能だったなぁ(=_=)

投資・資産運用をはじめようか迷っている方がいましたら下記書籍がおすすめです。

 

 

 

少額からでも投資・資産運用は始められます。

\投資信託・米国株の移管手数料キャッシュバック中/

SBI証券[旧イー・トレード証券]

コメント

タイトルとURLをコピーしました