DINKS家計簿10月

家計簿公開

正社員夫とセミリタイア妻のDINKSな我が家です。10月分の家計簿を公開します。

2018年10月家計簿

皮算用家は30代夫婦の2人暮らしです。

相変わらず毎月24万円積み立てているので、家計としては赤字です。

積み立てが満期を迎えてプラス24万円となっても、ボーナスで補填していく日々が当分続きそうです。新婚当初を思い出します。笑

当時は皮算用の給料で生活し、夫の給料を丸ごと貯めていました。貯蓄し過ぎて日々のお金があまりなく、けんかも時々していました。笑

愛夫
愛夫

ケンカするほど節約して貯めんでもいいやん!

確かにその通りです。無茶苦茶する人間でゴメンよ。

【貯蓄・節約】援助なしで新婚9年間で1,200万円貯めた方法
万人に再現性があるのは節約と節税です。

暴走しがちな皮算用の【良いブレーキ役】です。

2018年10月の家計を振り返って

食費がいつもよりも高額なのは、ふるさと納税を行ったからです。返礼品は食品にしているので、食費にカウントしました。

 

10月の皮算用の収入が11万円ほどあります。

夏休み期間は授業が無く月収1万円程度でしたが、2学期からはたくさん稼いでいます(^^)v

3号被保険者の基準を超えそうなほどに!(T_T)

そのため、働いたけれど給料付けられない自体におちいりました(T_T)12時間程度ただ働きです(T_T)

2学期中間テストの採点に12時間ほどかかりました。丸々勤務時間として賃金発生させることができたのですが、3ヶ月平均で108,333円を超えてはいけないルールに引っかかるので、泣く泣くサービス勤務です。

3万円もらって30万円払うのはバカらしいですからね。

3号被保険者のメリット
30代でセミリタイアすることにしたので固定費の見直しをしました。まずは社会保険を減らそうと思い、3号被保険者となることにしました。

非常勤講師は時給が高いですが、扶養の範囲を超してしまう場合の調整が面倒くさいです。「範囲を超しそうなので働きません」という選択肢がありませんので。「範囲を超しそうなのでただ働きします」しか選択肢がありません。自分で自分をブラック労働に持っていっています(T_T)

それを回避するには、【持ち時間数・クラスを減らす】しか方法がありません。40人分の採点に2時間かかりますので。

セミリタイアして時給2,500円超えの時間講師しない?
30代でセミリタイアしました。

来年は持ち時間数を減らします!

働かず、【専業主婦】になるという選択肢もありますが、暇過ぎてダメ人間になりそうなので辞めておこうと思います。

授業の無い夏休み期間、暇で暇で毎日海外ドラマばっかり観てましたから!

さすがに、「こんな生活怠惰過ぎやろう」と実感しました(-_-;)

DINKS家計簿9月
両目の手術もあったので、運動禁止でした。⇒「DINKS家計簿7月」へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました