共働き夫婦の家計・生活費の負担割合はどうしてる?

家計簿公開

結婚・同居のタイミングでサイフ一緒にした皮算用です。結婚後9年間で1,200万円貯めました。趣味にはこの9年間で2,000万円位注ぎ込んでいます(車維持費含める)。

夫婦共働きが増えたので、各自の収入から家計への合算方法も様々です。

  1. サイフ1つにする
  2. サイフ3つにする
  3. 夫婦で項目分担する

家計は1つにまとめると貯金スピードが早い

皮算用家はサイフ一緒です。いわゆるジャイアン理論で収入を合算します。

皮算用
皮算用

お前のものは俺のもの!

俺のものは俺のもの!

皮算用家は9年間で夫婦で車維持費(1台所有)含めて趣味に2,000万円使ってきましたが、1,200万円貯蓄しました。

家計簿書くならDavinciの手帳がカッコイイ!
コードバン皮がいい!

妻:皮算用がセミリタイアしたので今後は貯蓄額が激減しますが、趣味費は変わらず年間100万円は超えます。夫婦共通の趣味なので、趣味費は青天井になりがちです。

夫婦別の趣味なら、「各自の小遣いから出す!」ということにしたと思います。

サイフ一緒にするためにしたこと

妻:皮算用の方が収入が高かったので、妻の収入で生活費・趣味費等全てをまかないました。夫の収入は丸っと夫名義で貯めました。

そのため、サイフ一緒にすることに夫からは不満が出ませんでした。

友人

使いこまれてたら?

使いこまれてたり、いざ離婚となった場合に備えて結婚後から貯蓄額は記録しています。きっちりハッキリ請求します。

ただ、無いものは払えないので、使いこまれていたらドウシテクレヨウカ(゚Д゚)

 

 

年に数回不定期で記帳しているので、使い込んだ様子は無いですし、夫は特にお金を使うタイプではありません。

共働き家庭のお金、夫婦別々の名義でいくらずつもってる?
我が家はだいたい半分ずつ各人名義で資産を保有しています。ちなみに妻である私の取り分は総資産の75%になります。

サイフ一緒の場合の家計の管理はどっちがするか?

皮算用家では妻:皮算用が家計管理しています。食費日用品以外の出費については、購入前に夫と相談します。被服費や家電についてです。

 

家計管理は夫婦2人で行うのが正しいですが、面倒なのでどちらか片方での管理となることが多いです。

やはり管理している側のモラルによっては使い込みなどがあるので、月1回位は家計の収支や貯蓄額を知らせるべきだと思います。

皮算用
皮算用

伝えてるけど興味ないやろ?

愛夫
愛夫

うん。

皮算用家はこんな感じです。

サイフ一緒の場合のお互いのお小遣いについて

夫婦2人で趣味に月15万円近く使う(車維持費費含める)ので、小遣いはそれぞれ手取りの1割です。

妻:皮算用がセミリタイアする前はもうちょっと多い金額のお小遣いでした。

新婚9年間で1,200万円貯めた共働き夫婦のおこづかい額公開!
我が家は夫婦共働きです。それぞれの月のおこづかいは手取りの1割です。趣味には年間170万円使いますが、結婚後9年間で1,200万円貯めたのでこの額で良かったです。

サイフ別の家庭(実例3)

サイフ別の家庭も、家族貯金はしておくべきだと思います。想定外の出費がある可能性があるからです。

特にそれが医療費であった場合には「お金出す出さない」で揉めるのは後々の禍根となりそうなので、家族貯金が100万円単位では欲しいところです。

私自身は30代で白内障となり、両目で66万円万円医療費がかかりました(保険適用の治療ならば6万円程度です)。

自費治療を選んだので、高額療養費の対象外です。確定申告すると、医療費控除が受けられるので、1割くらいは返ってきます。

若いうちに白内障になったら保険治療か自費治療か
30代で白内障になり、50万円の自費治療の多焦点レンズを入れました。 健康保険適用の単焦点レンズは自己負担が6万円です。

実例①手取りの2/3合算

結婚10年、お子さん1人の3人家族でした。

それぞれの手取りの2/3を家計に入れる。残りは各自が自由に使う。

家計の余った分は家族貯金として貯めていく。

実例②妻は食材と日用品負担

新婚1年目の夫婦

  • 夫:家賃・水道光熱費負担
  • 妻:食費・日用品負担

新婚夫婦はこのスタイルが多そうです。

 

このスタイルの家庭でしょうか、先日ツイッターでこんなのが流れてきました。

先生
Twitter

夫婦で旅行に行ったけど、妻が旅費を払わない”(ノ-“”-)ノ~┻━┻”

色々揉めそうなので、項目分担はおすすめしません。

実例③妻の収入は妻こづかい

結婚10年の夫婦

  • 夫:全負担
  • 妻:収入の全てが妻小遣い

この③の夫婦はサイフ別なのかサイフ一緒なのか特殊な例です。

 

ちなみに彼女は同僚の高校教諭でした。給与額面600万円はあったのでなかなかの小遣い額です。

【高校の先生の年収と時給換算】1年目から11年目まで
高校の先生の平均年収は42歳で750万円だそうです。勤続11年目の年収は約650万円でした。

結婚後しばらくしてから家計一緒に変更するには

「自分が自由に使えるお金が減る」ので乗り気な人は少ないです。そのため、何かしらのイベント発生のタイミングでサイフ一緒とする方が良いです。

  1. 妊娠
  2. 病気・怪我
  3. リタイアに向けて(老後準備)
  4. 相手の貯金額(少額)が発覚

家庭でサイフ一緒にすることに納得してくれない場合は、サイフ一緒のメリットを説いてくれる場所に行くと良いです。

お互いの両親や兄弟姉妹、友人です。セミナー等もオススメです。

年間255講座、累計41万人以上が受講したお金の学校定番講座「お金の教養講座」

セミナーの初回は無料ですし、資産運用の第1歩は節約です!最初の話はサイフ一緒にするメリットですから!!(そこだけ聞いて終わっても良い内容です)

1人でセミナーに参加し、セミナー内容を相手に伝える伝言ゲームをするよりも夫婦2人で参加することを勧めます。

サイフ一緒にして節約・資産運用に努めるとアーリーリタイアやセミリタイアに繋がるかもしれません。

私の投資歴は2005年からです。投資信託を買い始めました。2018年には世帯資産2,600万円で妻:皮算用はセミリタイアしました。

趣味費も節約してたらプラス2,000万円だったのはご愛嬌☆

【貯蓄・節約】援助なしで新婚9年間で1,200万円貯めた方法
万人に再現性があるのは節約と節税です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました