【年末資産報告】2019年12月

年次報告

2019年12月次報告です。12月単月と2019年累計を記載しています。

税引き前と税引き後が混在しています。

株式譲渡(税引前)

△38,987円

  • 2461:ファンコミュニケーションズ(損益)
  • 4987:寺岡製作所(損益)

11月に続き12月もこれだけ損切りしました(T_T)

税金なんて払ってられるかバーローちくしょー

2019年損出し

株式配当金(税引き後)

10,600円+$17.38

  • 4987:寺岡製作所
  • 8591:オリックス
  • 9761:東海リース
  • 7711:助川電気工業
  • PFE
  • V
  • JNJ
  • VHT
  • EBAY
  • IYR

今月はアセアン株の配当は無しでした。

貸株(雑所得)

606円

ソーシャルレンディング利子配当(雑所得)

0円

  1. maneo(6万円)
  2. ガイアファンディング(36万円)
  3. キャッシュフローファイナンス(8万円→3万円)
  4. クラウドクレジット(なし)

合計4社に口座開設しています。1.~3.がmaneo関連会社です。1.~3.の会社では『期限の利益喪失(分配が延滞している状態)』が複数発生しています。

皮算用
皮算用

( )内が各社の拘束金です。

3社合計で45万円拘束中です。

クラウドクレジット社には伊藤忠商事の資本が入っています。

クラウドクレジット社では5万円×20案件に分散投資しました。95万円は返還・出金済みで、残り1案件が2020年4月返還予定です。

クラウドクレジット社での2019年分配金合計は23,210円でした。

ソーシャルレンディングの配当金が税制上雑所得なのが気に入らないだけで、ちゃんとしたソーシャルレンディング会社は投資先として悪くないと思っています。

クラウドクレジット

キャッシュフローファイナンス社での期失が返ってきた

キャッシュフローファイナンス社では『期限の利益喪失(期失)』が2案件合計で8万円ありました。

1案件5万円分が返還されたのでキャッシュフローファイナンス社での期失は残り3万円です。

期失となった案件がどうなるのかは各社の各案件により異なりますが、今回はプラスでの返還となりました。

皮算用
皮算用

5万円融資したけど、275円足りないのはキャッシュフローファイナンス側の手数料だね。

ちなみに8%利回りの案件でした(´・_・`)

キャッシュフローファイナンス期失案件の返還

お金を貸すことは簡単ですが、取り立てることが難しいんです。

そのため、利用しているソーシャルレンディング会社は老舗を選びました。ソーシャルレンディング業界の今後のためにもキッチリ資金回収すると考えたからです。

  1. maneo
  2. ガイアファンディング(maneo関連会社)
  3. キャッシュフローファイナンス(maneo関連会社)
  4. クラウドクレジット

期失となっている1.~3.社についてはソーシャルレンディング会社老舗のmaneo社がどうにかやってくれることでしょう。

12月合計

△27,781円+$17.38

2019年累計

IPO投資も行っているので15口座保有しています。メイン証券会社は楽天証券です。

金融資産を保有しているのは下記2社のみです。

  1. 楽天証券
  2. SBI証券

2019年損出し

SBI証券 ではT-ポイントで投資信託を購入しています。

アンケートサイト【マクロミル】を利用し、マクロミルポイント→T-ポイント→投資信託と資産形成しています。

内雑所得累計(貸株+SL+仮想通貨)

  • 貸株5,931円
  • SL48,701円
  • 仮想通貨0円(2018年にあらかた処分。サヨナラ50万円)

累計54,632円

つみたてNISAとiDeCo

つみたてNISAとiDeCoは銘柄も公開しています。

つみたてNISA2年間

iDeCo

年別推移

2013年から個別株投資を始めました。

投資歴は2005年からで、買ってはいけない金融商品と名高い毎月分配型投資信託(いわゆるタコ足投資信託)をまんまと購入したのが投資の第一歩でした。

タコ足投資信託をつかんだままリーマンショックを乗り越えました。

 

 

お金  増えてます!

 

 

 

株式投資の年別推移

※つみたてNISAは『投資信託』に含まれています。iDeCoはこの評価額に含まれていません。

 

 

 

1年前の2018年12月と比べて100万円近く増えています\(^o^)/

【年末資産報告】2018年12月

1,018,700円(仮想通貨含まず)+$333.39

 

2018年の利益確定はIPO当選の4社の利益約43万円が大きな貢献となっています。

何と2018年はたくさん利益確定したにも関わらず、12月の暴落をくらって評価額がいちじるしく下がっています(T_T)

2018年12月末評価額

1年間で評価額が58万円ほど減りました。

2018年はたくさん利益確定したのに評価額がイマイチで・・・。

皮算用
皮算用

お金減らすために投資してるんちゃう(´;ω;`)

個別株で成績振るわないなら、インデックスにするかと投資信託比率を上げてみたり・・・。

 

 

2020年1月早々アメリカとイランはきな臭いですが、資本主義社会が続き『株』というものが存続する限りはコツコツ投資を続けます。

皮算用
皮算用

ちなみに皮算用家の決算は3月末なので家計資産は毎年4月公開です。

もちろん家計もお金増えてます゚ 。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 ゚

2019年時点資産状況(毎年4月更新)
去年1年間の世帯資産増加額は29万円でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました